あくせるblog

仕事に関する情報や、役に立つ話をしていきます。

これでストレスがなくなりました。枕が合わないのは〇〇〇が原因だった?!~枕編~

f:id:hibikanjirukoto:20220416085716j:plain

 

 

★ 睡眠がキチンと取れないとどうなる?!

睡眠がきちんと取れないことで色々な弊害が生まれることが報告されて

います。

体重が増えやすくなる。ストレスが増える。免疫システムが弱くなって

感染症にかかりやすくなる。イライラしたり不機嫌になりやすくなる。

反射神経は鈍くなり事故にあいやすくなる。心臓病や腎臓病、2型糖尿病

などの慢性的な疾患を発症させるリスクを増大させる可能性がある。

心臓発作や脳卒中を引き起こす、大きなリスクとなる可能性がある…。

 

数え上げたらキリがありません…。

 

私は普段、運動する習慣がある上に寝具にもかなりこだわるタイプで睡眠

の質が上がったことでストレスイライラなどがかなり減ったように感じ

ます。

 

★ ストレスで髪の毛の伸びるスピードも変わる?!

そして上記にも書いてなかったのですが、ストレスによって髪の毛など

の伸びるスピードも遅くなるという話を聞いたことがありました。

女性がよく、

「今、髪の毛を伸ばしている最中なのに、なかなか伸びなくて…」

という話をしますが、ストレスによって伸びが遅くなる原因にもなると聞く

と、どうでしょうか?

 

私はストレスがあるとため込んでしまうタイプだったので、なるべく

運動する習慣を身に着けようとしていました。でも、仕事が忙しいこと

もあり、時間がある時に運動するテンションも体力もないということになっ

ていたのです…。

ストレスには運動が良い!とよく言われますがストレスが溜まっていると、

運動しようとする気分にならないことが多いと思います。これは逆だと気づ

いたのです。ストレスが少ない時に運動したくなるのではないのか?

ストレスがないからこそ、体を動かしたくなるのではないだろか?と。

 

とすれば、睡眠によってストレスを下げることが出来れば運動しよう!

いう気分になるのだと思ったのです。

なにはともあれ、睡眠をキチンと取ることが仕事もプライベートも充実する

秘訣ではないか?と考えたのです。そして1番ラクな方法でもあります。

無意識のうちにエネルギーが充電されるのと同じなのですから。

 

だからこそ、私以外の多くの人も睡眠の質を上げようと寝具や寝る前に温かい

飲み物を飲んだり、アロマをたいたり、照明にこだわってみたりするのだと

思います。

 

★ 最高の寝具で眠るのが1番の贅沢?!

寝具にこだわる場合、真っ先に多くの人が浮かぶものはではないでしょ

うか?私は正直お金持ちではありませんが寝具にだけはお金を掛ける

タイプなので、マットレスだけで30万円くらいのものを使っています。

知っている方もいるでしょうが「シモンズ」というメーカーのもので

高いものだと数百万円します…。

たしかヒカキンもこのメーカーのものを使っているはずです。

 

今までは寝具などはニトリ無印良品で十分でしょ!」と思っていた

のですが、1日のうち3分の1近くもの時間を睡眠が占めているのに

それに対して最も快適な状態にしないのは、自分に対してご褒美をあげ

ないのと同じだと思ったのです。

毎日毎日、一生懸命働いている自分を最も快適な状態で過ごさせてあ

げないのはかわいそう…、という気持ちになったのです。

 

そこでお店に行き、あるマットレスを店員さんに勧められました。私が

そのマットレスに体を預けた瞬間「なんだ、これはっ?!」という今まで

味わったことがない衝撃を受けたのです!

手をついた部分だけがスっと沈む感覚…。体を傾けると体の重さによって

沈む深さが全て違うのです。そして、横になっているだけで優しく手で

マッサージされているような心地良さを感じるのです。

 

30万円近くするマットレスでしたが購入を決めました。それ以来、毛布

をシルクのものにしてみたり色々こだわってきました。すると、寝室が

もの凄い贅沢な空間に変わり、毎日高級ホテルで寝ているような感覚に

なったのです。

 

※64万人以上の治療データをもとに腰痛専門接骨院が開発した腰痛対策

マットレスです。

実際に通院されている患者様から「治療後は調子が良いのに寝て起きたら

痛くなってしまった」と良く聞きます。

寝る前は調子が良くて朝起きたら、、その間にやっていることは寝ているだけ。

つまり寝ている姿勢が悪いのか?使っている寝具が悪いのか?

このどちらかしかないということでドクタータフィが誕生しました。

★ 枕が合わないっ!と言う人、〇〇〇が原因では?!

そんな寝具にこだわりまくるようになった私ですが、枕だけはどれを

選んでもしっくりこないのです…。

こういう経験をした人は私以外にも多いのではないでしょうか?

枕に関しては値段が高ければ寝心地が良くなるというものでもなく、

安いそば殻のようなもののほうが寝心地が良いと感じる人もいるでし

ょう。

私も実は枕は高さがあるほうが好きなので、そば殻を以前までは使って

いました。

 

でも、いまいち寝心地がしっくりくるという感じにはならなかったのです。

そこでニトリのホームページを見ていると羽毛を使った枕がありました。

※コチラの枕は羽毛のタイプではありません。

 

ネットだけで実際に試さずに購入してみました。

届いてから寝てみた瞬間、「違うっ!」と感じたのです…。

もの凄く低いのです。やわらかいのでほぼベッドと平行になるくらい沈む

のです…。

試して買ってない私が悪いのですが、高い枕が好きな私がよりにもよって

最も低い枕を選んでしまったことにテンションが下がってしまったのです。

ネットでは高さがあるように見えるのですが、実際はかなり沈むので若干

「ダマされた…」という気分にもなってしまいました。

 

ですが、試しにその枕で1日寝てみようと試した翌朝でした。

もの凄く体がラクに起きれたのです!

どこにも体に力が入っていない状態と言うか…。言葉では説明するのが難し

いのですが、今までの枕の中で1番しっくりきたのです!

まず私に合う枕は高くないものだったのです。そして、ここが皆さんも

間違ってしまうポイントだと思うのですが、ベッドに寝た時に体が少し沈む

ということを忘れているのではないでしょうか?

実は、体がベッドに沈んだ高さを計算して枕を選んでいないということなの

です!

 

私が低い枕でも快適に寝れたのは、実はベッドが沈んだことで枕の高さが

丁度よい高さになっていたのです。

皆さんも枕を選ぶ時にお店のベッドで寝て試すと思いますが、そのベッドの

沈み方と家のベッドの沈み方が違うのではないでしょうか?

そのために実際に家で使ってみると「なんか、合わないなぁ…」と感じる

のではないでしょうか?

そういうことも踏まえて、枕選びをすると、自分に最もピッタリな枕が

見つかるかもしれません。

 

※めざしたのは、理想的な寝落ち

健康の大きな要因である「睡眠の質」を高めるためには

スムーズに睡眠に入る「理想的な寝落ち」こそが新鮮で

すっきりした朝を迎えられる重要なポイントであると考えます。

しっかりと心身を休めることで、新鮮な朝を迎えられる

LIMNE the mattressとthe pillowを開発しました。