あくせるblog

仕事に関する情報や、役に立つ話をしていきます。

「ロボトミー手術」を知っていますか?映画「シャッターアイランド」を観て

f:id:hibikanjirukoto:20220401055144j:plain

 

★ 映画「シャッターアイランド

2010年に公開されたアメリカのサスペンス映画シャッターアイランド

いう映画を観た方はいるでしょうか?

連邦保安官とその相棒が、精神異常犯罪者の治療を実施している孤島、

シャッターアイランドに赴き、島に隠された謎を解き明かしていく…

というストーリーです。

主人公の連邦保安官レオナルド・ディカプリオが演じています。監督は

タクシードライバー」などを手掛けた鬼才、マーティン・スコセッシです。

ロボトミー手術とは?!

この映画では主人公がこのロボトミー手術」というものを受けるかもしれ

ないという状況になるのですが、以前に名前だけは聞いた記憶があったの

ですが、詳しくは知りませんでした。

精神病の治療として頭蓋骨に穴を開け、脳の前頭葉の一部を切除するというもの

で、この手術の発明をした神経科医は1949年にノーベル賞を受賞しているのです。

当時は精神病に対する手段が他にはなく、病院は患者であふれていて虐待も多か

ったことからこの手術が行われるようになったと言います。ですが後に向精神薬

が発明されてからは、手術は行われなくなりました。


私は、「人間というものを変えようとするのに、たった数分で処置をするドライ

ブスルーロボトミーという言葉さえ生まれたのは愚かなことだ」と気づかされ

ました。映画の中で煙のように突然姿を消したレイチェルも実は医師で、この

病院が秘密裏に進めていたロボトミー手術に反対していて、それを世間に暴露

しようとしたことがきっかけで追われるようになったのです。

 

 

保安官のテディという人格を作ったレディスは、本来の人格を取り戻せなかった

場合、ロボトミー手術を受けることになります。院長や医師は、レディスに過去

を受け入れて目を覚まさせようとします。ロボトミー手術を受けることになるの

か?…、というような内容の映画なので、興味のある方はご覧になることをおす

すめします。

 

「新たな科学の発想や発明が致命的な禍いをもたらすことがある」

というロボトミー手術以外の、十分な検証がなされず科学の名に値しない

まま世に出てしまったものが書かれた本です。

興味のある方は、コチラもぜひ。