あくせるblog

仕事に関する情報や、役に立つ話をしていきます。

『強運の法則』という1万5千円以上する本について。

f:id:hibikanjirukoto:20211212132703j:plain

 

成功者がよく読んでいる、という本らしいのですが...。

いわゆる「こうすれば成功するよ」という本なのか?と思って調べていました。

 

「成功をイメージすれば、上手くいく」という言葉をよく聞きます。

「それで上手くいくなら、皆やってるよ...。」と思ってしまうのは、あなただけ

ではないでしょう。

 

「思考は現実化する」という、これも有名な本がありますがその中でも

「背が高い人や力持ちの人が勝つのではない、自分はできる!そう思った人間が

結局は勝つのだ。」という文章があります。

 

※わしも英会話くらい、やれば出来るのじゃ!!

 

さっきも言ったように「出来る!」と思って勝つなら苦労しないよ...。と

感じてしまうのです。

でも、成功者などもこの言葉をよく言ってるのは、どういうことなんでしょうか?

成功したから言えるのでしょうか?

こういう人たちの状態をメンタル・ヴィゴラス脳と言うそうです。

これは「否定的な感情やマイナス思考が働かない」考え方です。

 

この本の中で、「みんな、十桁以上の家の電話番号を覚えている」という

話があります。「それは、当たり前だよ!」と思ってしまいますが、

4桁の歴史の年号を覚えるにも苦労するのに、家の電話番号は自然と

覚えている。これは「面倒臭いなどというマイナス思考が働かないから

覚えられるのです。」という説明がありました。これを「出来て当たり前!」

というプラス思考だから覚えられるのです、と。

 

TOEICで990点を取るのは、できて当たり前!(プラス思考)

KIRIHARA Online Academy|TOEIC・英検に特化したオンライン英会話

 

いままでの説明で、なんとなくプラス思考が大事なんだという理由が

わかるのではないかと思います。

 

私が思ったのは仕事で成功したいという人ならば、仕事関係のことには

全てプラス思考で考えるということです。

人間関係を良くしたいという人ならば、人との付き合いでは全てプラス思考

で考えなさい。ということだと理解したのです。

マイナス思考はラクだとも言っています。いわば「逃げる」ことだから

です。でもプラス思考になるには努力しないとポジティブにならない。

だからプラス思考でいると成功する、ということと言っています。

いつも、くら~い顔をした人は何をしても上手くいかない、という単純だけど

意外と気付かないことと同じかもしれません。

私は、暗い顔は誰も見ていない1人の時にするのが、成功する人だと思うのです。

 

※辛くて苦しい時は、美味しいものを食べて

忘れましょう。